画像: 菅田将暉さん

菅田将暉さん

応募してから最終選考会まで、ジェットコースターみたいでした。地方予選で合格した時はよくわかりませんでしたね、なぜ自分がここにいるのか。 すごい特技を披露したわけでもないし、何をいいと思ってもらえたんだろう?と考えたことを覚えています。でも今は、そのタジタジしている 素のままでいたのが良かったのかなって思うんです。変にカッコつけずに、自分の思うことをしたのが良かったのかなって。

最終選 考会は“何かしよう、何かしよう”と思っているうちに、終わっちゃうものなんですよ。僕がそうでした(笑)。自分の本当の姿を見てもらう ために、しゃべる機会は大切にして!っていうことが、僕からのアドバイスです。

…あと最終選考会で(司会を務めた) トータルテンボスさんにお会いできたことは単純にうれしかったですね(笑)

This article is a sponsored article by
''.