画像: 鈴木勝大さん

鈴木勝大さん

僕は敗者復活戦を2回経験してるんです。ベスト50のときとベスト10のとき。でもあれがあったからこそ、逆にやる気が出たというか。特にベスト10で落ちたときは、他の20人くらいの人に、もう絶対に負けたくないと思って、ブログくらいしかできることはなかったけど、とにかくそれを頑張ろうと。そうしたら最終選考会に残れて! しかも「見に来てくれる人なんているのかな」って感じだったので、会場で名前を呼んでくれたり応援してくれる人たちがいっぱいいて、本当にあれはうれしかった。

パフォーマンスは緊張しまくりでしたけどね。バトントワリングをやったんですけど、それまでやったことなかったし、一応、落としたときのために2本持っていって下に置いてたんですよ(笑)。けど、自分が出る数秒前までは全然平気だったんだけどなぁ。前の人たちのパフォーマンスも普通に見てたし、朝早くからリハーサルだったから、なんならちょっと疲れちゃったなくらいだったのに(笑)。自分の番になった瞬間に「うわー、どうしよう!」ってなって、あれは一体なんだったんだろう?(笑)

芸能界に入ることは、ジュノンボーイを受けるまではまったく考えたことがなくて。でも今は「役者としてやっていきたい!」と強く思う。ジュノンボーイは「第何回」って芸歴がはっきりわかるじゃないですか。だから、たとえば何年前の先輩だったら、自分が芸歴が同じになったときに今その先輩がやっているより上のことがやれる役者になっていたいなって。同じ事務所に裕典さんや淳平さんという大きな先輩がいるから、3年後、4年後に今の二人を超えてるように、努力していきたいです。

もし、応募したいなと悩んでる人がいたら、勇気を持って応募してほしいなと思います。もちろん仕事なんで、ツラいことや大変なこともいっぱいあるけど、それよりも楽しいことのほうが絶対に多いので!

This article is a sponsored article by
''.